忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最後まで、ギャラクシー?マップの左側にある小惑星にいけなかったので、クリアデータからロードしてみたら「幽霊船」になってました。
 早速行ってみると、隠しダンジョンのようです。
 800年前に行方不明になった銀河一の大富豪アラビスの幽霊船だそうで、早速お宝ゲットへ!!
 なんというか、やっと海賊らしいことを・・・途中やたら格好いいお兄さんが出てきますが40年前のドルゲンゴア(キサラの育ての親)みたいです。
 それと、ここにきてやっと科学者ジュピスの設定が活きてきました。
 まあ、設定の説明役ですけどね。

 隠しダンジョンにしてはアッサリ終わりましたが、まだなにかあるようです。
 幽霊船の入り口にいる人?がセブンズミステリーとかいいだして質問してきました。

 内容は
幽霊船の中で登場しなかったボスは?
賞金首の名前?
カップルの名前?
変わり者三人組の関係?
ポカッチョ博士のフルネーム?
一度しか登場しなかったモラーティのマフラーの色?

 だとかを四択。
 今から確認できるものもありますが確認できない問題多数!!
 しかも、どれが正解か間違ってるか教えてくれず、問題は毎回ランダム!!
 ・・・そうまでして、隠しダンジョンを隠したいんですか?

 ごめんなさい。私は勇者でも何でもない凡人なので付き合いきれません。
 どうせ、隠しの隠しダンジョンも同じ構造のマップが延々と続くだけなんでしょ?
 というわけで、雪の降る中を売ってきました。
 結局、ギャラクシー、ギャラクシー。といいつつ一つの恒星系からでませんでしたねorz


というわけで、ローグギャラクシーの感想
 一言で言うと「駄作」
 本当に、無駄の多いRPGでした。

 ただし良いところもあります。
・グラフィックスが綺麗
・音楽が良い
・ゼグラムが格好いい

 悪いところは言い出したらきりがありません・・・

 システム面は、良くも悪くもダーククロニクル2です。
 基本的に、ダーククロニクルでの不満点(所持アイテム数が少ない、移動がめんどい、宝箱がわかりにくい)は解消していますが・・・
 ダーククロニクルでの最も良かった点が改悪されています。
 ローグもダークもストーリーは良くありません。
 しかし、このゲームの真骨頂は「寄り道」にあります。
 本筋と関係ないところで、のんびり探索したり、アイテム収集・ミニゲーム・町の人のサイドストーリーは本当に良くできています。

 ただし、ローグギャラクシーは
・町中で雑魚とエンカウントする
・惑星間の移動に1分ほどかかる。
・ダンジョン内に無意味に人がいる
 ことで、せっかくの良い雰囲気をぶち壊してくれます。


 ちなみに、このゲームの説明書の冒頭にこんなメッセージがありました。

> レベルファイブが、自信を持ってお贈りする、最高のエンターテインメント作品、「ローグギャラクシー」を存分にお楽しみください。

 この作品がレベル5の限界だというなら、もう期待できそうにもないです・・・
 久しぶりに、地雷を踏みました。
 爆 死
⊂⌒~⊃。Д。)⊃
PR
 ストーリーは、お世辞にも良いものではありませんでした。
 まあ、これはダーククロニクルの時も同じだったので、別にいいんですけど・・・今回は特に酷いです。
 パクリすぎ、支離滅裂、主人公・ヒロインの言動変すぎです。

 エンディングで、ヒロインのキサラが
「みんなのところがいいの。」
 と言って、一万年前の自分の故郷と母を捨てます

そのすぐ後ゲートを通り、現代に出現した故郷に行って

「私、女王になる。この国を再建したい。」と言い出します!!

 (゚Д゚)ハァ?
 その「再建したい。」
 という言葉は、ルーンに侵食された一万年前の故郷に言えと、一万年経って立派に復興している王国に言う言葉じゃねぇ!!
 というか、「仲間のところがいいんじゃないのか!!」

 その後、主人公がかっさらうのを期待しましたが
ジェスター「ここがキサラのいる場所なんだ。」
 とか言い出す始末・・・もうダメだ_| ̄|○

 しかも、この故郷の宰相みたいなのが
「あなたがたのような下賊の者・・・」
 おいおい、一万年前の国の危機を救った星王の子孫とキサラの育ての親に言う台詞ですか?
 まあ、一万年も経っているので自分たちの都合のいいように、歴史を改竄しているんでしょうねぇーw
 最後の最後にナレーションが入って、キサラを取り戻したようですが・・・
第一形態
 すべての攻撃がダメージが入らない_| ̄|○
 仲間を入れ替えたり、魔法使ったりしてもダメ・・・どうなってんだとダメもとで、バリア解除銃・氷結銃・足場を作る銃を試していたら

足場を作る銃で、道が出来て、斬れました!!

 おいおい、これって第一章と第三章で一回ずつ使っただけですよ。
 しかも斬った後、主人公がルーンの海に落ちるんですけど・・・ビースト化しないのかなぁー。


第二形態
 画像の右側参照。
 突然 「五万年前」の星王が覚醒して
「お前はマザーなどではない。私の城に使えていた魔女だ。お前は、最初に発生したルーンの滴に触れ・・・」
 おいおい、いきなりの超展開ですか。
 まあ、これはダークロでもあっなw
 第二形態は、銃乱射でおわりました。


第三形態
 ヴァルコグたちの戦艦が登場
キサラ「どうしてここが分かったの?」
 そりゃゲート開けっ放しだから来るだろう・・・

 戦艦が傾き、窓ガラスが割れヴァルコグたちがルーンの海へ
 で、左側の画像に
 どうでもいいけど、傾いた衝撃だけで割れるガラスって・・・宇宙戦艦としては致命的では?

 で、トドメは元気玉ですか。そうですか。
 というより、いきなり八人の仲間全員一人ずつの強制戦闘てアホか。
 自分は、全員をまんべんなく育てていたので問題ありませんでしたが・・・偏った育成方法とった人はここで詰まるジャャャン!!
 それにしても、「当初はアクションRPGでは?」と思いましたが間違いなくRPGな戦闘です。
 ラスボスの行動パターンが防御→攻撃→防御→攻撃の繰り返し、
 こちらはそれに併せて、防御→攻撃→回復・防御と繰り返すだけ
 ちょっと被ダメージが大きいのがビビりましたが(200〜400ダメ)防御すると30ダメ以下におさえられます。

 さて、エンディングですが・・・
 マザーを倒しルーンの災いをなくすため、一同はルーンの渦巻くマザーの穴・最深部を目指す。
 今、最後の戦いが始まろうとしている・・・!

 というか最後の戦いまで長いよ・・・道のり長すぎですよ_| ̄|○
 序盤→中盤→中盤・分かれ道→終盤→最深部
 とセーブポイントがありますが、この間すべて全く同じ構造!!
 ラスダンなんだから、奥に進むほどルーンの量が増えるとか演出がほしい。
 とりあえず、最深部到達で力尽きました・・・ラスボス戦は明日という事で。

 まあ、長すぎるダンジョンのおかけで全員の武器が最強クラス、レベル60まであがりましたが
 心から、ドリゲラムを引き出すために、自らの弱さと向き合うのじゃ〜。
 なんていうから、それぞれが最も大切な人と戦闘とか。選択肢とかあるかと思ったら、自己解決エピソードを見せられて、勝手にドリゲラムを引き出してました。

ジェスター
 宇宙に行く事を夢見ていた青年。
 しかし、子供の頃は「宇宙に行って、宇宙を救う。」という夢だった。
 俺は自分の夢を思い出した。
 夢のドリゲラムを手に入れた。

サイモン
 不幸親子が豪邸で父の帰りを待っている。
 サイモンは、事故で顔と全身にひどいやけどを・・・
ミヨコ「私はあなたの顔を好きになったわけではないのよ。」
サイモン「そうや。わいは、二人のもとへかえるんや。」
 思いやりのドリゲラムを手に入れた。

スティーブ
 「人間になりたーい。」
 ポカッチョ博士がスティーブのために、人間そっくりなロボットを造っているのを知る。
 願いのドリゲラムを手に入れた。

ジュピス
 時空転移装置の研究に致命的な欠陥が!!
 しかし、天才科学者ジュピスはそれを認めたくない。
 助手の捨て身の訴えにより、時空転移装置公開実験の失敗は防がれていたことを知る。
 自らの失敗を認めて、助手と仲直り。
 誇りののドリゲラムを手に入れた。

ルルカ
 星神さまに襲われた時の記憶
 第三章の回想では勇敢に戦ってましたが・・・実は、怖くて何もできなかった自分を知る。
 ルルカは、事実を受け入れる。
 勇気のドリゲラムを手に入れた。

ディーゴ
 戦友ゲイルとの約束を思い出す。
 二人の内どちらかが死んでも、互いの遺品を手にともに戦うと、ゲイルから遺品を受け取り二人で戦うことを誓う。
 友情のドリゲラムを手に入れた。

ゼグラム
 恋人ジェーンは、ビーストの攻撃から、そのあたりにいた爺をかばって死亡。
ゼグラム「なんであんなじじいをかばって・・・」
ジェーン「悪ぶっているけど、あなたでも同じことしたでしょ。」
ジェーン「あなたの本当の気持ち聞きたいな。」
ゼグラム「俺の本当の気持ち・・・なんだ?そりゃ?」
「わーたっよ。言うよ。言えばいいんだろ。」と愛の告白。
 愛のドリゲラムを手に入れた。


 キサラは、前の章で優しさのドリゲラムを手に入れていたので全員分そろいました。
 それにしても、ここにくるまでジュピスはろくなイベントもなく。仲間意識を感じさせる会話もなしで、正直置いてけぼり。
 サイモンの夫妻は、豪邸に住んでいることに驚きました・・・なんで防空頭巾かぶってんだ?
 ゼグラムは、世に言うシンデレというやつですか?

 んで、ドリゲラムを一本の剣にして「ゼオ・サイクロス」ゲッド。
 微妙な強さだ・・・という今からこれを鍛えないといけんのかorz
 はいはい。波動砲は凄い、凄い。
 これは、予想通りなので別にいいや・・・むしろいつ使うのか気になってました。

 いざエデンへ行ってみると、そこにビーストの大群が・・・波動砲でなぎ払って、女王に謁見してみたら

惑星エデン、ルーンの力に侵食される。

他の星への影響を未然に防ぐため別次元へ転移

でも、自分たちも助かりたい

星王様ならなんとかしてくれるカモ

星王の子孫を呼び寄せるため仕掛けを造る

ルーンの元凶マザーを倒してください。

 ・・・自己犠牲分が足りない惑星です。
 しかも、ゲートを開いてしまったのでマザーを倒さないと主人公たちの銀河もやばいそうです。
 脅迫かYo!!

ゼグラム「海賊ってのは、宝を奪うもんだろ。人助けしてお礼を貰うというのは釈然としねぇな。」
 ほんと、ゼグラムはこのゲームの良心?です。

 で、マザーを倒すためには「ドリゲラム」とかいう心の力が具現化したものが必要だそうです。
 てっ、マザーに返り討ちにあった瀕死のキサラ父親が長々と説明してくれました。

 ほぉ、8人分集めろと・・・
 なんか今のままエデンに行ったら、ダメだと砂漠の爪に言われたので、ラウルの遺品が示す死の砂漠のど真ん中へ
 途中
毒蛇にかまれて死んだ少女
砂漠でぶっ倒れた人とか
夫を捜して砂漠に入り死んだ人とかいましたけど・・・

な ぜ こ こ に い る 不幸親子!!

 しかも、勝手に自己解決して「二人でお父さんが帰ってくるのを家で待ちましょう。」か。
 ちょっと空気読め

 で、なんやかんやあって蜃気楼の村に到着。
 そしたら、さっき死んだ人たちが村にいる!!
 「この村に入る資格があるか試させてもらったた。」とのこと
ゼグラム「なんで村に入るのに、資格がいるんだ?」
 全く同意。

 そこで、ジェスターのお母さんと戦い、星王の力を完全なものにして、砂漠の爪が「私がお前の父だ」と
ジェスター「(; ・`д・´) ナッ ナンダッテー!? (`・д´・ (`・д´・ ;) 」
 いや、バレバレでしたよ・・・

 それにしても、平和な村の中・外から隔離されている村の中で、雑魚とエンカウントするのは一体・・・もうちょっと空気読めよなぁー。
 村の子供が「外は危ないから・・・」と言ってますが村の中がよっぽど危険ですよ?
 まあ、村人が外に出たら病気で死ぬそうなんですが・・・
 しかし、時間を止めるほどの力があるのに、病気は治せないか。
 星王の力もいろいろと不便だなぁー。
 これなんていうラピュタロボ?
 しかも、ヒロインのキサラは、ラピュタのシータですか?

 どうでもいいけど、このロボットと戦う必要が分からない・・・
キサラにひざまき、何か意志を伝えようとしてる

突然攻撃してくる

ジェスター「ダメだ言葉は通じない。」

叩く

ロボット直る

ジェスター「こいつ言葉が分かるのか。」

 壊れた機械は、叩けば直るですか?
 うーん、うーん。いつも思うけど主人公がだめすぎる。

 それと、今開いた遺跡の中に、もう他の人間が入り込んでいるのが納得いかない。
 今まで誰も入ったことがなく、主人公たちが一番乗りのはずなのに何でいるんだよ。

 しかもここの雑魚敵ウザ過ぎ。てかバリア持ち多すぎorz
 敵の張っているバリアは、主人公の攻撃力1のバリア解除する銃で、解除してからでないとダメージを与えられない。
 バリア解除後もまともにダメージが入るのは銃だけという奴らばかりです。
 武器変更がボタン一つで出来れば、別に不満はないのですが

△→△→アイテム→武器装備→キャンセル×3

 としないといけないのが煩わしい・・・なんかダークロと比べても荒い作りですねぇー

 とりあえず、キサラが惑星エデンの王女様と判明。
 ラグナは、キサラを守るためと星王の子孫だけが開くことの出来るエデンへの扉を造ったそうです。
 「星王」とは、五万年前に銀河を強大な力で支配していた王様で、ジェスターがその子孫にあたるようです。
 いざ、エデンへの扉を開こうとしたら、主人公の故郷の町がヴァルコグによって攻撃されています。
 町を人質に、エデンへの鍵を手に入れようとするとは、流石悪役。
 そこへ、ジェスターの養父、神父ラウル登場。
 不思議な杖で、ヴァルコグを退けるも戦艦の主砲の直撃!!をくらって死亡。
 一方、ポルカッチョ博士は、息子マークの人格をスティーブの中に入れていることがばれて逮捕されそうになるも、マーク自ら自分を消去して、問題解決。
 さらに、考古学者バートンは、惑星エデンの謎を突きとめ「エデンへの扉が開く、銀河が破滅する。」といってラピュタロボ、ラグナに・・・
 主人公は、スーパーサイヤ人だったんだよ!!

 (; ・`д・´) ナッ ナンダッテー!? (`・д´・ (`・д´・ ;)


 この後アッサリ倒されてしまう失敗作シード。
 しかも、シードが少しずつ組み立てていたパズルを「うぉぉぉぉぉぉぉー!!」と持ち上げて
「うおりゃゃゃゃゃゃゃゃゃ!!」と叩き付けて、パズルを解いてしまう主人公。

 やっぱり、シードは失敗作でしたねw


 それにしても、ゼグラムとの一騎打ち・シードとの一騎打ち面白かった。
 このゲーム味方が役に立たないので、一人で戦った方が楽だわ。
 しかし、ゼグラムが恋人ジェーンを生き返らせるために、ダイトロン社に協力していたとは
 どうりで、第四章「大脱走」の時に、恋人のクローディアを生き返らせるため狂ってしまったローゼンカスター所長にたいして「おっさんの色恋沙汰なんざ。見苦しくてしょうがないんだが・・・まあ、気持ちは分かるが」と言っていたわけだ。
 あー、やっぱりゼグラムが裏切ったw
 三つのピースをもって逃走してしまいました・・・これから一体誰を操作すれば良いんだorz
 でも、去り際も格好いい!!

 と思ったらすぐに復帰しましたけどね。
 それにしても、またまたインスパイヤの嵐だなぁー。
 というか左の画像は、狙いすぎだろw

 ストーリーは
 シード君は、大石版に記されていた遺伝子情報を元に作られた人造人間。
 エデンへの扉を開くためのパズルを解くための鍵と思われたが失敗してしまいます。

 でもヴァルコグが「おお!!念のため組み込んで置いたルーン細胞が覚醒したようですね。」
 といって、ビースト化するシード。
 というか、その組み込んだルーン細胞が失敗の原因では?

そしてここで、 主 人 公 覚 醒!!
HOMENext ≫
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/06 アルピァ]
[01/06 おあきー]
[12/06 おあきー]
[11/07 低Lv挑戦者]
[11/04 ないとしぇーど]
[01/27 おあきー]
[01/26 低Lv挑戦者]
[01/05 阿綱]
[01/03 はだっち]
[01/02 おあきー]
プロフィール
HN:
低Lv挑戦者
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ゲーム日記 All Rights Reserved